再びスコットさんに誘われて、船橋のジョーカーに参加しました。



ストライク Strike
スコットさんを待つ間に、しるふさん、やすさんと3人でストライクを遊びました。久し振りで、連続して遊ぶとかなり熱くなります。また3人だったので待ち時間が短かったのもよかったかもしれません。なんと6回連続で遊び、自分が最初5連勝しました。勝利が続くと気持ちが良いものです。今更ながら、このゲームが欲しくなってきました。

7戦目と8戦目は、ゲーム会の終盤、「ダック」の前に5人くらいで遊びました。自分は勝てませんでした。

結果
1戦目:自分
2戦目:自分
3戦目:自分
4戦目:自分
5戦目:自分
6戦目:しるふ
7戦目:やす
8戦目:スコット



倉庫の街 Die Speicherstadt
(プレイ時間 70分)
個人的にフェルトの中で一番好きな「倉庫の街」です。とはいっても、遊ぶのはかなり久し振りで、改めて記録を見たら今回が通算12回目でした。欲しいカードに自分のコマを順に置いていき、全員置き終わってからカードを分配購入します。先に置いた人からカードを買う権利があるけど値段はそのカードに対して置かれたコマの数です。買わないと、そのコマは取り除かれるので、1ずつ値段が下がってくるダッチオークションのような不思議なメカニクスです。

今回は火事を1枚も獲得できず、ゲーム終了の決算直前ではスコットさんがプラス10、しゅんさんが0、自分がマイナス10でした。契約書を満たし、4枚セット14点のカードも揃えたものの追いつかずで2位に終わりました。フェイズ別デッキになっていたり、カードのバランスに難がある気もしますが、それを差し置いても良いゲームだと思います。

結果:スコット 40、自分 27、しゅん 20



ヘックメック カードゲーム Heckmeck am Karteneck
(プレイ時間 40分)
最近よく遊ぶ「ヘックメックカードゲーム」を、また遊んでしまいました。今回はカードを途中で使いすぎて失速し、最下位でした。4人でも悪くないですが、5、6人の方がやはり真価が発揮されます。そんなこともあって元のダイスゲームの方が良いのではという意見もありました。2−3人ならヘックメック、5−6人ならヘックメックカード。では4人だと? と考えるとヘックメックバーベキューが良いのかも。あるいはすしゾックかな?

結果:エジソン 46、しゅん 34、スコット 26、自分 23



セイミ イン ザ スーパー クレイジー ワールド Seimi in the Super Crazy World
(プレイ時間 45分)
しゅんさんの持ち込み。初めてのプレイヤーが多かったので基本ルールで遊びました。モンスターとモンスターの間の経路も、「二つの塔」のように1のものは使いませんでした。やはり補充が2回はあった方がプレイしやすいと思います。補充のルールはセイミの通りに先に山札を見てからでも場札を取れるというようにしました。

どこで勝負するのかが悩ましくも良いゲームです。経験を活かして、序盤の低得点を後半で挽回しました。次回は上級ルールで遊びたい。

結果:自分 19、しゅん 18、エジソン 17、スコット 15、やす 12



あいうえバトル AIUE Battle
与えられたテーマに沿った7文字以内の言葉を書いて、自分以外のプレイヤーの言葉を当てていき最後まで当てられずに生き残れば勝利です。可愛らしいネコのスタンドの裏側に文字を書きます。手番では五十音表の文字をひとつ選びます。その文字を持っているプレイヤーは公開しなければなりません。この時、濁音、半濁音、小文字は無視します。自分が持っている文字を言っても良いですが、そのときは自分の文字も公開します。こうして最後まで生き残れば良いのです。

1戦目は日本語でテーマは「海にあるもの」でした。「たつのおとしご」「まっこうくじら」「ばんどういるか」など生物が多かったです。自分は「プランクトン」をしましたが、終盤で当てられてしまいました。「ビニールぶくろ」と書いたやすさんの勝利。

2戦目は英語で、テーマは「学校にあるもの」でした。これも pencil、light、などありました。自分はスクラブル的思考で、あまり使われないq、x、zを使った単語を考えて、quizzesとしました。これが功を奏したのか最後まで残って勝利。26文字なのですが、プレイ時間は日本語とあまり変わらなかったです。

結果(参加者:やす、エジソン、しゅん、スコット、自分)
1戦目:やす
2戦目:自分



キャッチ ザ ムーン Décrocher la Lune/Catch the Moon
形が少しずつ違う沢山のはしごをからめてどんどん高くしていくというバランスゲームです。ダイスの指示によって、他の1−2脚のはしごに触らなければならなかったり、一番高くならなければならなかったりします。どちらもかなり判断に迷う微妙なケースが多く発生するのは、こういうゲームの宿命かもしれません。

結果:やす



ダック Duck
(プレイ時間 35分)
最後はGPから日本語版が出版されているカードゲーム「ダック」です。ドイツ語版はフッフ&フレンズから出ています。3スート9ランク(0-8)で、7枚の手札をなくすことが目的です。手番では、自分の捨て札の山の上にカードを出し、そのあと山札か、または左右どちらかの隣りのプレイヤーの捨札の1番上から1枚補充します。カードは1枚出すだけでは全く減りませんが、複数枚出すことによって枚数が減っていきます。同位札2枚以上か同種札のシークエンス3枚以上が、複数枚を出せる組み合わせです。

手札をなくして上がったプレイヤー以外で、手札合計が最も高いプレイヤー以外は、手札の最も高いカード1枚を得点にできます。つまり、手札を減らしたほうが良いけど、1枚はある程度高いカードを残して得点化するのがベストというわけです。このシステムはちょっと面白いですね。

プレイ感覚はトランプの「ヤニブ」に似てます。ヤニブではプレイヤーの間に捨札があり、前のプレイヤーからしか取れませんでしたが、今回は両隣りから取れます。(写真撮り忘れ)

結果:やす 26、エジソン 17、スコット 13、自分 10


土嚢の会 2022.02.26

天然色 ブルーカルセドニー10 S925Newデザイン幅広リング❀縦タイプ第59回土嚢の会です。10名参加でテストプレイも活発にが行われていました。遊んだゲームは少なめですが「ピーク」と「タンブルウィード」は初プレイ。写真はオムレツとフルーツたっぷりのビタミンプレートです。




ピーク Peak
(説明 10分 プレイ時間 15分)
ゲルハルト出版の新作。ゲーム開始時には全てのコマが長方形市松模様でボードを埋めています。ゲーム終了時に、制圧している(つまり、自分が一番上になっている)2層以上の塔は、その階層数だけ得点になります。手番では、1層の自分のコマを、ちょうど他のコマを2つ飛び越して移動しなければなりません。つまり、1層を2つ飛び越すか、あるいは2層を1つ飛び越すのです。この条件さえ満たせば、着地点は空白マスでも他のコマの上でも良いのです。こうしてどちらかのプレイヤーが2回連続してパスをするとゲーム終了です。ちょっと変わったプレイ感覚です。

結果:ぴーかん 16、自分 16(同点)



ウルビーノ Urbino
(プレイ時間 20分)
久し振りの「ウルビーノ」です。序盤に高得点地域を確保したものの、そのあとぴーかんさんの都市の広がりを阻止しようと思って建てた1階の建物が裏目に出て、自分の都市が新たに作りづらい展開になりました。かなりの接戦で1点差でのギリギリ勝利。

結果:自分 17、ぴーかん 16



テイク イット ハイヤー! Take It Higher!
「テイクイットイージー」での六角形タイルを八角形にアレンジした「テイクイットハイヤー」です。クニツィアはこれと同様に自作の「頭脳絶好調(インジーニアス)」も八角形タイルの「頭脳絶好調エクストリーム」にアレンジしています。八角形タイルなので4方向あり、さらに金銀ボーナスやロケットボーナスがあって、考えどころ満載です。自分はロケットで120点稼ぎ、金銀ボーナスは計4枚だけ。ぴーかんさんとスコットさんは、金銀ボーナスは10枚も持っていましたが、ロケットボーナスと、6の線で60点というあたりが効いたらしく、426点で1位でした。(ぴーかんさんは当初294点と言っていましたが、あとから計算し直したら361点)しかし、このあとに地下室で遊ばれていた2戦目では、エサさんが600点越えを叩き出したらしいです。次回ぜひ一緒に遊びたい。

結果:自分 426、ぴーかん 376、スコット 361



タンブルウィード Tumbleweed
エサさんに教えてもらったパブリックドメインの(ルールが公開されている)ゲームです。ヘックスボードを使い、最初に1つずつ任意のヘックスに置いてスタート。目的は自分の塔(最上段が自分のコマになっている塔)を多く持つことです。手番ごとにヘックス1つに自分のコマを置いていきますが、置けるのは、そのヘックスから見える自分の塔の数と等しい高さまでコマを置けるのです。例えば、コマを置こうとしているヘックスにすでに2段の塔があり(自分のでも相手のでも構いません)そこから4方向に自分の塔が見えるならば、差分となる2段を新たに加えるというわけです。こうして相手の塔を奪い、自分の塔を補強していきます。

プレイ感覚がちょっと「トライアンギュラー」に似ていて面白いです。これはまた次回もぜひ遊びたい。

結果:自分 勝利、エサ 敗北



フィレッシュフィッシュ Frisch Fisch (2F初版)
(プレイ時間 40分)
最後は、これも久し振りに遊ぶ「フレッシュフィッシュ」です。アブストラクトではないですが、道路の建設ルールなどパズルチックなゲームで、自分の中ではフリーゼの最高傑作だと思います。自分以外は全員初プレイでしたが、さすがにルールの飲み込みが早く、問題なく遊べました。終盤まで魚のアウトレットが出ず、それまでにちゃんと場所を確保できずにかなり焦りましたが、なんとかなりました。1位はスコットさんで、ほぼお金を使わずに距離1を保っての勝利。序盤の建物が分断によって遠回りになってしまった尾根ギアさんは大量失点になってしまいました。

結果:スコット -5、自分 -4、エサ -3、尾根ギア 18



他にも様々なゲームが遊ばれ、またテストプレイもたくさん行われていました。土井さん、道化師さん、中村さん、佐藤さん、タクヤさん、次回は一緒に遊びましょう!


はまりばカフェ 2022.02.15

名人と軽く二人ゲーム会をしました。場所は2018年以来、2回目の訪問となるはまりばです。



ショッテントッテン2 Schotten Totten 2
(説明 40分 プレイ時間 各30−35分)
名人の持ち込みで「ショッテントッテン2」です。偶然にも自分は「バトルライン中世版」を持ってきたのですが、ドイツ語版の「ショッテントッテン」とアメリカ版の「バトルライン」がこうして異なる方向に変化したのだなあと感じます。攻撃側と防御側を1回ずつ遊びました。特殊カードはなし。通算で10戦遊んだし、そろそろ特殊カードを入れてみても良いかな。

結果
1戦目:自分(防御) 7、名人(攻撃) 0
2戦目:名人(防御) 5、自分(攻撃) 0



ドラフト ホース Draft Horse
(説明 10分 プレイ時間 各15−20分)
名人が取り出した小さな缶入りのゲームです。2人専用のブースタードラフトゲームで、1枚選んでは相手に残りを渡し、を繰り返します。獲得したカードは馬と品物に分けてならべますが、馬の数値合計が品物のそれより大きければ得点化できます。このとき数値合計がちょうど等しかったり、品物の種類が1種類だと多くのカードを得点化できるボーナスがあります。それぞれの品物は構成がいろいろあるので、構成表をよく見てうまく欲しいものを手に入れなければなりません。

これまでブースタードラフトのシステムを面白いと思ったことがほとんどないのですが、これは今までで一番面白かったです。2人だからということが大きく関与しているのかもしれません。もしかしたら他のドラフトゲームも2人だったら自分も楽しめるのかもしれません。面白かったので、思わず2回遊びました。

結果
1戦目:名人 43、自分 40
2戦目:自分 66、名人 47